ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) の国内サポートを開始しました!

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) バージョン 1.2 の国内サポートを開始しました。

ArcGIS Experience Builder とは

ArcGIS Experience Builder は、ノーコード・ローコードで Web エクスペリエンスを作成することができるアプリケーションです。具体的には、テンプレートやウィジェット、テーマ、データソースなどの部品を GUI のビルダーで設計し、設定を行うことでアプリケーションを作成できます。

ArcGIS Experience Builder の詳細については、ESRIジャパン ArcGIS ブログの以下の記事をご参照ください。

experience_builder

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) は、これらの機能に加え、ウィジェットやテーマを独自に開発するなど、アプリをカスタマイズするためのフレームワークを提供します。技術として、 React や Typescript、ArcGIS API for javaScript 4.x などが使用されています。


ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) バージョン 1.2

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) バージョン 1.2 では、2020 年 10 月にアップデートされた、ArcGIS Online の ArcGIS Experience Builderで追加された新機能/機能拡張がメインとなっています。

テーブル ウィジェット (ベータ) の追加、スクリーン グループ、3D シーン レイヤーのサポートなど、多くの機能が追加されているだけでなく、Web AppBuilder のカスタム ウィジェットから Experience Builder のカスタム ウィジェットにコードを移行する際のヒントとガイダンスを提供するために 「Migrating from Web AppBuilder」 のドキュメントが追加されました。

その他、サンプルの追加や API の大きな変更もされています。

■ サンプルの追加

React コンポーネントを関数として使用するウィジェットのサンプルが 2 つ追加されました。

■ 大きな変更

カスタム ウィジェットやテーマをアップグレードする前に、ES モジュールへの切り替えや、jimu-ui、jimu-core、Widget、Data source、Theme のその他の変更を含む大きな変更に注意してください。

その他の新機能や機能拡張、仕様変更などの詳細な情報は米国 Esri 社の新機能 (英語) をご参照ください。


ArcGIS for Developers 開発リソース集

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) を使用した開発をはじめるにあたり、ArcGIS for Developers 開発リソース集に各種ドキュメントを整備しています。インストール ガイドやカスタム ウィジェット開発ガイド、チュートリアルなどがございますので、開発する際にはぜひご活用ください。

ArcGIS for Developers 開発リソース集

ArcGIS for Developers 開発リソース集
「ArcGIS Experience Builder (Developer Edition)」

■ 関連リンク

米国 Esri ArcGIS ブログ

ArcGIS Experience Builder Developer Edition 1.2 Now Available

ESRIジャパン Web サイト

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition)

米国 Esri 社 Web サイト

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition)