ArcGIS Hub で Web サイトやオープンデータ カタログを作成してみませんか?

2021 年 5 月に、地域課題解決のためのクラウド ベースの双方向型プラットフォーム製品「ArcGIS Hub」をリリースしました。

ArcGIS Hub には、オープンデータの公開を行うカタログ サイト構築機能、コミュニティ活動などを発信するための Web サイトの作成機能が含まれています (Basic エディション)。これらの機能は ArcGIS Online に標準で付属しており、ライセンスをお持ちの方であれば、追加のライセンス契約なしでご利用いただくことができます。

「ArcGIS Hub スタートアップ ガイド」を公開

ESRIジャパンでは、ArcGIS 製品を利用する方に向けて、セットアップや簡単な利用方法を紹介する「ArcGIS リソース集」を公開していますが、このたび ArcGIS Hub で Web サイトやオープンデータ ポータル構築したいという方に向けた、「ArcGIS Hub スタートアップ ガイド」を新しく公開しました。

ArcGIS Hub スタートアップガイド

このガイドでは、ArcGIS Hub で Web サイトやオープンデータ ポータルを構築する際に必要となる手順を順番に説明しています。

ArcGIS Hubスタートアップガイド2

ArcGIS Hub を使用すると、ArcGIS Online で公開・共有できる GIS データや Web マップ、Web アプリなどの様々なコンテンツを、Hub サイト上で統合的に管理し、それを共有することで、組織内外の多くの利用者がコンテンツを利用することができ、様々な課題解決への活動を支援します。

サイトの構築には HTML などの難しい知識やコーディングは不要で、ページを構成する様々なパーツを組み合わせていくだけで、簡単に素早く構築できるのも大きなメリットです。

ArcGIS Hub のサンプル サイト

ESRIジャパンでは下記サイトを ArcGIS Hub を用いて構築・公開しています。

政府機関オープンデータポータル

政府機関オープンデータポータル

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 対応支援サイト

新型コロナウィルス感染症 対応支援サイト

上記のサイトでは、ArcGIS Dashboards などの Web アプリのサイト内への埋め込みや、ArcGIS Online に公開した GIS データ等のコンテンツをオープンデータとして公開しています。

サイトの閲覧者はキーワードやカテゴリを使用してアイテムを検索することができ、コンテンツ ビューを開いてそのまま ArcGIS Online で使用したり、データを CSV やシェープファイル等でダウンロードすることができます。

コンテンツ ビューはマップ上でデータの位置する場所、ポップアップや属性テーブルでデータのテーブルを確認することや、フィルター設定、簡易的なシンボル設定などを行うこともできます。データの使用やダウンロードの前に、データが保有している情報をあらかじめ確認することが可能です。

本記事でご紹介した機能は ArcGIS Online のライセンスをお持ちであれば、追加料金なしですぐに始めることができます。さらに、GIS データ以外にも、ArcGIS Hub でサポートされるデータ タイプであれば、ArcGIS Hub で共有・公開が可能です。

さまざまなデータや情報をまとめた Web サイトを構築したいとお考えの方、ぜひ ArcGIS Hub をご活用ください。

■ 関連リンク

ArcGIS Hub 製品ページ

ArcGIS Hub スタートアップ ガイド

ArcGIS Hub による「政府機関オープンデータポータル」を公開しました!