ArcGIS Explorer のカスタマイズ Part 6:カスタム マップ アイテム アイコン

複数のユーザから、「ArcGIS Explorer のフォルダにカスタム アイコンを使用したい」という要望がありましたが、バージョン 1500の API にこの機能が追加されました。カスタムのフォルダ アイコンをサポートするだけでなく、すべての種類のマップ アイテムに対してカスタム アイコンを使用できます。

デフォルトのユーザインタフェースを使用してアイコンを変更することはできませんが、ArcGIS Explorer API を使用して変更することは簡単です。例を見てみましょう。

バージョン 1500 の前は、アプリケーションの UI を使用してコンテンツ ウィンドウにフォルダを追加したり、API を使用してプログラムで追加したりしていました。この場合、どちらもデフォルトのフォルダ アイコンを変更できませんでした。UI を使用してフォルダを追加するには、[ホーム] タブのフォルダ ボタンをクリックします。

Pic1_10

以下の例では、警察、消防、救急車の 3 つのフォルダを作成しました。それぞれデフォルトのフォルダ アイコンを使用しています。

Pic2_8

ArcGIS Explorer 1500 では、API を使用してフォルダを作成した場合、独自のアイコンを指定するオプションがあります。以下のコードの例では、プログラムによって 3 つの同じフォルダを作成し、それぞれ異なるアイコンを割り当てます。

Pic3_11

ボタン アドインでコードを実行すると、フォルダ アイコンは以下のようになります。

Pic4_9

コンテンツ ウィンドウに表示されたマップ アイテムのアイコンに加えられたいかなる変更も、マップ ドキュメントに保存することができます。