スケッチ ツールの活用(ArcGIS App for iOS)


ArcGIS App for iOS は、どなたでも無償で利用できる、iPhone 、iPod touch および iPad 用 ArcGIS アプリケーションです。これらの機器のユーザで、まだこのアプリケーションを使用したことがないという方は、これを機にぜひダウンロードしてみてください。

※ダウンロード提供は終了しました(関連記事

ArcGIS App for iOS は、検索、計測、データ編集など GIS の基本的な機能を搭載していることはもちろん、iPhone などのタッチ スクリーンによる操作がし易いように設計されています。データ編集や距離・面積の計測では、共通のスケッチ ツールを使用して図形を入力でき、このスケッチ ツールにはタッチ スクリーンによる入力を支援するための機能が搭載されています。今回はこのスケッチツールの活用方法についてご紹介します。

ここでは、特別な設定を行わなくてもインストールした時点ですぐに利用できる「面積の計測」ツールでスケッチ ツールを使用します。

アプリケーションを iPhone または iPod touch で利用する場合、アプリケーション起動後、面積を計測したい場所に移動し、ツールバーの左から2番目の「マップ ツール」アイコンをタップしてください。マップ ツールの画面で「面積の計測」をタップして、計測機能を有効にします。
Iphone_default_and_measure_area_2


iPad でこのアプリケーションを利用する場合は、「距離の計測」、「面積の計測」アイコンがあらかじめツールバー上に配置されていますので、「面積の計測」アイコンをタップします。
Ipad_toolbar_2

「面積の計測」ツールが有効になると、画面下にスケッチ用のツールバーが表示されます。ツールバー上の各ツールは、以下のような機能を持っています。

Gps_2
現在地点で頂点を入力するツール( GPS、Wi-Fi、基地局などから位置情報を取得)

Undo_2
図形入力操作を元に戻すアンドゥ ツール

Delete_vertex_2
選択された頂点を削除するツール

Delete_graphic_2
入力した図形を削除するツール

それでは図形を入力していきます。「面積の計測」ツールが有効になった時点で、図形を入力できる状態になっています。まずはマップ上をタップしてみてください。頂点がマップ上に表示されますが、思った位置に頂点を追加することが難しいと感じるのではないでしょうか。そういった場合に活躍するのが、拡大鏡機能です。それでは、もう一度マップ上をタップし、そのまま指を画面から離さないでください。タップした周辺を拡大表示する拡大鏡が表示されるはずです。拡大鏡の中央には十字マークがあります。指を画面から離さないまま、指をスライドすると、拡大鏡が連動して動きます。頂点を追加したい位置に十字マークがきたら、画面から指を離してください。これで思った位置に頂点が追加できます。
Magnifier_3

同様な操作で頂点を追加してみてください。3点以上頂点を追加すればポリゴンの図形が完成し、面積の計測が行われます。

ここで、作成された図形について説明します。頂点は青い四角形、頂点と頂点の中点は白い円形、選択状態の頂点あるいは中点は赤い円形で表示されます。頂点や中点をそれぞれタップしてみると、赤い円形がタップした点上に表示されます。
Symbols_2

頂点を選択している場合と、中点を選択している場合では利用できる機能が異なります。

頂点を選択している場合:
頂点の位置の調整および削除ができます。頂点の位置の調整は、頂点選択後、頂点を追加した時と同様に、頂点上をタップして画面に指を付けたままにすると虫眼鏡が表示されますので、移動したい位置まで十字マークを動かします。頂点の削除は、頂点を選択後、スケッチ ツールバーの右から2番目のアイコンをタップします。

中点を選択している場合:

選択した中点の両端の頂点間に頂点を挿入できます。中点選択後、挿入したい位置でマップをタップすれば頂点が挿入されます(拡大鏡を利用して挿入することももちろん可能です)。

このようにスケッチ ツール機能を組み合わせれば、計測だけでなく、GIS データ作成にも使用できるのではないでしょうか。ArcGIS Server を導入すれば、ArcGIS App for iOS に搭載された機能をフルに活用でき、GIS データ作製用 ArcGIS Server クライアントとしても利用できます。まずは無償の ArcGIS App for iOS をインストールして、スケッチ ツールの機能をお試しください。

■関連サイト
ESRIジャパン Web サイト(ArcGIS for iOS 製品ご紹介)
http://www.esrij.com/products/arcgis/mobile/arcgis-for-smartphones/arcgis-for-ios/