こんなに変わってたの?!ArcGIS×衛星画像で羽田空港の変遷を知る

9 月 20 日は空の日です!

この「空の日」を祝って、全国の空港では来月にかけて関連イベントが開催されます。

現在国内で利用者数 1 位を誇る羽田空港でも、9 月末には普段見ることができない施設の公開などイベントが催されるようですが、イベントに足を運ぶ前に羽田空港の知られざる過去を覗いてみましょう。

開港当初の羽田空港の姿

羽田空港は実は埋め立て地の上に建設されているのをご存知でしょうか?

今となっては当初の姿は想像し難いかもしれませんが、その面積は少しずつ拡大し、また周辺の湾岸域も時代とともに開発されてきました。

羽田空港周辺の変遷GIF

さて、そんな時代を超えて変化を遂げた羽田空港は、どれほど変わってきたのでしょう?

以前の ArcGIS ブログ記事「衛星画像を使って過去からの変化を抽出しよう」(2018年4月掲載) では、ArcGIS Desktop のエクステンション製品である FEATURE ANALYST を使って衛星画像を元に羽田空港周辺の変化を抽出する方法を紹介しました。

FA抽出

上記事は ArcGIS ブログのなかでも人気の高い記事の一つですが、「でも、衛星画像利用って難しそうだなぁ…」と思われている方も多いかもしれません。

実は ESRIジャパンでは、衛星画像の活用法を学びたい人向けに無料の学習コンテンツを公開しているのをご存知ですか?その学習コンテンツを使うと、初めての方でも上図のようなカッコイイ羽田空港周辺の変化抽出ができるようになります。

02_表紙

何が学べる?

この学習用コンテンツでは、米国 Esri 社が公開しているアプリを使って衛星画像の活用法を学べるようになっています。内容は初級編と中級編に分かれており、初級編では衛星画像からどんな情報が得られるのか?について学べます。そして中級編では、自然環境・防災・都市計画といった分野別の活用法などを学ぶことができます。

初めてでもカンタン!

使い方はとてもシンプルです。テーマ毎に衛星画像の活用法を紹介しており、ナビゲーションマークの横に書かれている手順を順番に操作するだけです。

詳細1

文字だけじゃ操作がわかりにくい…という場合もご安心ください。画像付きの回答を用意していますので、照らし合わせながら操作をしていただけます。 

詳細2

ナビゲーションに沿って操作を進めると、冒頭で見たような羽田空港周辺の変化抽出が簡単にできるようになっています。

詳細3 

その学習コンテンツはどこにある?

ESRIジャパンでは、業種別 GIS ソリューションを紹介していますが、その中の宇宙利用をクリックすると、宇宙利用 GIS ソリューション ページへ移動します。

場所_宇宙ページ
ページの最下部へスクロールしていくと、「使ってみる」で紹介しているリンクの一つに「衛星画像で日本を探索~ Landsat 活用~ (PDF)」がありますので、こちらから閲覧・ダウンロードできます。(スマホでも利用いただけますが、タブレットや PC でのご利用を推奨致します。)

ダウンロード可能

教育関係者の方はこちらをどうぞ!

教育関係者の方で「授業で使ってみたいな~」という方は、ESRIジャパンが毎月発行している教育 GIS 便りで「生徒用」と「講師用(回答付き)」をパワーポイント形式で公開しているので、学習教材としてすぐにお使いいただけます。2022 年の高校地理必修化に先駆けて、一足早く地理学や GIS について学んでおきましょう。

■【教育GIS便り】274,267|ArcGIS アカデミックパック 活用法⑥

https://www.esrij.com/news/details/111166/

 

他のデータで同じ解析がしたいですか?

学習用コンテンツでは ArcGIS Online で公開されているデータや Web アプリでの操作を紹介していますが、ご自身のデータで同様の解析をされたいと思ってる方もいるかもしれません。冒頭で紹介した FEATURE ANALYST を使うと、お好きな画像を利用して変化抽出が行えます。

その他にも ArcGISブログでは、解析に使う衛星画像の入手方法から ArcGIS Desktop での活用法などを紹介していますので、サイト内検索してみてくださいね。

サイト内検索
いかがでしたか?ArcGIS で羽田空港について学びを深められたでしょうか?

最近は宇宙産業の注目も高まってきていますので、ArcGIS でもっと衛星画像を活用しましょう!