ArcGIS 10.1 for Server の概要を短時間でがっちり!!

昨年リリースした ArcGIS 10.1 for Server は、従来のバージョンから構成やアーキテクチャが大きくリニューアルされました。
今回は、先日弊社サポート ページで公開した資料「ArcGIS 10.1 for Server 製品概要」をご紹介します。

表紙

本資料は ArcGIS 10.1 for Server の概要と内部の構成について焦点を絞り短時間で製品の概要をご理解頂ける内容となっています。
旧バージョンをご利用頂いていた方や、これから ArcGIS 10.1 for Server を使用し始める管理者、開発者の方は、是非ご一読ください。


資料:ArcGIS 10.1 for Server 製品概要
※アクセスするには ESRI ジャパン サポート ページへのログインが必要です。

ここでは、「ArcGIS 10.1 for Server 製品概要」の構成をご紹介いたします。

■ArcGIS for Server の概要
以下の ArcGIS for Server を構成するコンポーネントを紹介しています。 

● ArcGIS Server
● ArcGIS Web Adaptor     

● ArcSDE テクノロジ 


■アーキテクチャと構成
ArcGIS for Server の各コンポーネントの詳細と内部の構成を紹介しています。
また、ArcGIS for Server のシステム構成についても紹介しています。

Figure3


■GIS リソースを Web サービスとして公開する方法
GIS リソースを Web サービスとして公開するステップと公開可能な Web サービスの種類を紹介しています。


今回ご紹介した資料は、ArcGIS for Server のヘルプの中で管理や構成についてまとめた内容となっています。この資料と共に以前ご紹介した 「ArcGIS for Server スタートアップ ガイド」をご利用いただければ、多くの方が ArcGIS for Server の基本的な管理、利用方法をご理解頂けます。これから ArcGIS 10.1 for Server を始める管理者や開発者の方、是非この 2 つの資料をご利用ください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト
ArcGIS for Server
ArcGIS for Server スタートアップ ガイド

Esri Web サイト
ArcGIS for Server