ArcGIS 10.2 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて

ArcGIS 10.2 for Desktop では、これまでのバージョンと同様に、各種の変換ツールや対応ツールを国内対応パックやダウンロード ツールとして提供しています。

国内対応パック
国内対応パックには、日本国内でよく使われているデータ形式の変換ツールが含まれています。インストールすると ArcToolbox に [変換ツール(国内データ)] ツールセットが追加され、ジオプロセシングツールとして利用できます。

Image1_2 <前バージョン 10.1 からの変更点>
・[基盤地図情報のインポート(Import FGD)]、[基盤地図情報へエクスポート(Export FGD)]ツールにおいてインターネット接続がない環境でも変換が実行できるようになりました。
・[DM → ジオデータベース(DM to Geodatabace)] において方向(E6)データがポイントで出力されるようになりました。
・JIS X7199(G-XML)が廃止されたため [G-XML へエクスポート] ツールを削除しました(※リンク先ページが無くなりました。ご了承ください)。

ダウンロード ツール
Esri 製品サポートページにおいて、以下のツールをダウンロードしてご利用いただけます。
ツールによって、10.1 対応版をそのまま利用できるものと、10.2 対応版を再度インストールいただく必要があるものがあります。

<10.1 対応版をそのまま利用できるツール>
ジオメトリ変換ツール
電子地形図25000 変換ツール
数値地図データ変換ツール
数値地図画像変換ツール
Zmap-AREAⅡ対応ツール
※ データを ArcGIS 10.2 for Desktop のインストール ディレクトリに再インストールする必要があります。

<10.2 対応版をインストールする必要があるツール>
電子国土 Web 対応ツール(提供形式の変更に伴い、名称を変更しました)
GEOSPACE CDS 対応ツール(提供形式の変更に伴い、名称を変更しました)
Zmap-TOWNⅡ 対応ツール