在留邦人数をマップ上で視覚化してみました

今回は「在留邦人」の話題です。
在留邦人とは、海外に 3 ヶ月以上在留している日本国籍を持っている人を指します。

実は、先週の 6 月 18 日に「海外移住の日」というものがありました。
最近は世界の国々に住んでいる人を紹介するテレビ番組もたくさんありますが、それらの番組を見ていると、日本人はどこにでもいるのだなと思います。では、いったいどのぐらいの人が海外に住んでいるのでしょうか?

外務省が公開している海外在留邦人数調査統計(平成 25 年 10 月 1 日現在)を使用して、国別在留邦人数マップ(地域を含む)を作成してみました。

Image1_3

驚くことに 202 もの国に日本人は住んでいるようです。一番人数が多かったのは米国の 412,639 人でした。在留邦人数が 1 人、2 人という国もありました。人数によって色分けをしましたが、日本人が多くいるイメージのある地域は、実際に多くの日本人がいるようです。

レイヤ内の名称で検索できるようにしましたので、下図のように気になる国の情報を簡単に調べられます。行ってみたい国や行ったことのある国を検索してみてはいかがでしょうか?

Image2_2

国別のポリゴン データは ArcGIS Online からダウンロードすることができる World Countries (generalized) をダウンロードし加工しました。このデータは米国 Esri の Data & Map チームが提供しているデータで、これ以外にもたくさんのデータを ArcGIS Online で公開しています。データを使用する際は各ページに記載されている「アクセスと使用の制限」をご確認ください。

■関連リンク
ArcGIS Online 製品ページ
オープンデータポータル
日本へ観光に訪れている人が多い国はどこ? 2013 年 Top20!