ArcGIS Data Reviewer エクステンションを使ったデータの品質管理 ~レビュー編~

ArcGIS for Desktop のエクステンション製品である ArcGIS Data Reviewer は、GIS データの品質管理に特化したエクステンション製品です。以下の 3 つのステップに沿って品質管理をサポートします。

1. 「レビュー」- エラーの発見
2. 「修正」- 発見したエラーの修正
3. 「確認」- 正しく修正されているか確認

すべてのステータスにおいて、誰がいつ何を行ったのかをレビューアー ワークスペースに記録することができます。
今回は、データの品質管理において基礎となるデータのエラーを発見するための「レビュー」機能についてご紹介いたします。

1_3

Data Reviewer は「自動レビュー」と「目視によるレビュー」の 2 種類の方法によってエラーの検出をサポートします。

■自動レビュー
自動レビューでは、あらかじめ作成したルールを基に自動的にエラーを検出します。フィーチャの形状などの空間的なチェックだけでなく、テーブルに含まれる属性情報やメタデータなどの非空間的な情報に対してもチェックを行うことができます。

2

また、満たすべき基準を集積したルールをパッケージ化して保存し、配布することができます。あらかじめデータに関する知識が深い人が作成しておくことで、誰でも同一基準で品質をチェックすることが可能です。

3

■目視によるレビュー
自動レビューでは、ルール設定時に想定していなかったエラーや、データの欠落やソースとのずれによるエラーを検出することができません。そのため、目視によるレビューをし、データを確認する必要があります。とはいえ、膨大な量のデータをやみくもに目視で確認する作業は途方に暮れてしまいます。Data Reviewer に含まれている目視の確認作業をサポートする機能を活用することで、より効率の良いスムーズなデータ チェックが可能になります。

<目視によるレビューをサポートする機能>
フィーチャの選択・参照/欠落フィーチャの作成/エラー フィーチャにフラグを付加/ランダム サンプルの作成/位置精度の評価/SDE ジオデータベースのバージョンを比較

45

また、レビューの結果はレビューアー テーブルに記録することができるため、いつ誰がどのようなエラーを発見したかを管理することができます。

6

これまでご紹介した 2 種類のレビューを組み合わせることによって、Data Reviewer ではより高精度なデータのレビューを実現することが可能です。

■関連リンク
ArcGIS Data Reviewer エクステンションを使ったデータの品質管理 – トポロジ ツールとの違い –
Data Reviewer でデータの品質管理をしませんか?