基盤地図情報と数値地図(国土基本情報)の違いとは?

国土地理院から発行されている基盤地図情報と数値地図(国土基本情報)を活用されている方も多いと思いますが、それらデータの特徴と違いについてご紹介します。

ArcGIS for Desktop では、変換ツールを用意しており ArcToolbox からアクセスすることができます。

01_4

■データの特徴

基盤地図情報

国土地理院のダウンロード サービスから無償でダウンロードできます。5m または 10m メッシュの「数値標高モデル」と行政区画や道路縁などの「基本項目」を地域名またはメッシュ番号を選択してダウンロードすることができます。
数値標高モデルを活用して解析もできますし、背景地図としても利用することができます。(参考:基盤地図情報データの変換と活用のコツ!その2 – 数値標高モデルをベクトル場レンダラーで表示してみよう)

02_3

ArcMap にインポートしてシンボル調整した図

数値地図(国土基本情報)

これまで国土地理院が整備してきた、基盤地図情報、数値地図シリーズ(空間データ基盤、行政界・海岸線、地名・公共施設)及び数値標高データ(5m、10m、50m メッシュ)をすべて統合し、さらに地図表現に必要な各種のデータ項目を加えたデータで、有償で提供されているデータです。2 次メッシュの 1 図郭単位で購入でき、地図情報とメッシュ標高が一緒に提供されます。シェープファイル版と GML 版が提供されており、シェープファイル版であればツールでの変換なしですぐに ArcGIS で利用することができますし、GML 版を購入された方は [数値地図 (国土基本情報) (GML) のインポート (Import KG(GML)) ] ツールを使用してジオデータベース フィーチャクラスに変換できます。

03_2

ArcMap に追加してシンボル調整した図

■データの違い

まとめると以下の表のような違いがあります。

04_3

手元に背景地図がない方は是非活用してみてください。

■関連リンク
電子地形図と数値地図(地図画像)の違いとは?
基盤地図情報データの変換と活用のコツ!- 数値標高モデル(5m)の活用
基盤地図情報データの変換と活用のコツ!その2- 数値標高モデルをベクトル場レンダラーで表示してみよう
自動的に DM のシンボルをベクター データに適用する方法 – その 2
ArcGIS 10.3.1 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて
ArcGIS for Desktop で対応するデータと変換ツール(ベクトル編)