3D Analyst エクステンションと ArcGIS Pro の機能比較

これまで ArcGIS for Desktop で 3 次元データを可視化、表現するためには ArcGIS 3D Analyst エクステンションに付属するアプリケーション(ArcScene、ArcGlobe)を利用する必要がありました。
ArcGIS 10.3 for Desktop から登場したアプリケーション「ArcGIS Pro」では、エクステンションが無くても 3 次元データの可視化が可能です。

データの 3D 表現
データの属性値を使用した立ち上げや注記表現、3D シンボルの適用と時間や値の推移をアニメーションで表現することが可能です。

01

3D データの編集
図形の高さを変えたり、頂点を編集したりすることが可能です。2D マップと連動して編集することも可能ですので、2D マップで頂点を作図しながら、3D シーン上でどのように描画されるか確認しながら作業を進めることが可能です。

02

3D 空間解析
距離や重なりに基づいてフィーチャを検索する空間検索や距離の計測、高さの計測などが可能です。ArcToolbox に含まれる [3D Analyst ツール] を使用するには 3D Analyst のライセンスが必要です。

03

ArcGIS Pro と 3D Analyst エクステンションの機能比較については以下の資料をご参照ください。
ArcGIS Pro と ArcGIS 3D Analyst - 3D GIS 機能比較-

これまで 3 次元データの可視化をしていなかった方も ArcGIS Pro を活用すれば、効果的な 3D 表現が可能なので、ご興味のある方は是非お試しください。
ArcGIS Pro の評価をご希望の方は以下のページよりお申込みください。

トライアル版のお申し込み

■関連リンク
ArcGIS Pro
ArcGIS Pro 新機能ページ
ArcGIS Pro 1.2 の動作環境
Esri Japan 3D GIS Facebook