ArcGIS API for JavaScript バージョン 3.1 をリリースしました!

ArcGIS API for JavaScript の最新バージョン 3.1 をリリースしました。
3.1 へのバージョンアップでは、新機能に加えて、いくつかの変更点などが含まれています。
以下では、バージョン 3.1 の新機能とあわせて、バージョン 3.0 以降の Dojo 1.7 対応についてご紹介します。

■バージョン 3.1 の新機能
コード補完プラグイン
テキストエディタでの編集時に ArcGIS API for JavaScript のコードを補完するためのプラグインです。
対応するテキストエディタは Visual Studio 2010 と Aptana Studio 3 です。ArcGIS for Developers「Code Assist Plugins」のページ下部にある Downloads からプラグインファイル(VSDoc)をダウンロードして、ヘルプの手順に従って使用されるテキストエディタにインストールしてください。

Visual Studio 2010:

Codeassist_vs_2

Aptana Studio 3:

Codeassist_as_2

Attribution ウィジェット
ソースデータの出典情報を Web マップ上に表示する Attribution ウィジェットが追加されました。
このウィジェットはレイヤの表示・非表示、マップの拡大・縮小に対応して自動的に更新されます。Attribution ウィジェットは、通常ビルドの API であれば自動で実装されますが、コンパクト ビルドをご利用の際には手動で実装する必要があります。
Attribution_2

■Dojo 1.7 対応
ArcGIS API for JavaScript のバージョン 3.0 より Dojo のバージョンが 1.7 へと移行されました。バージョン 2.x で作成した Web マッピングアプリケーションをバージョン 3.x に移行する際に、コードの修正が必要な場合があります。 詳細は ArcGIS for Developers「Migrating to 3.0」 または ArcGIS API for JavaScript バージョン 3.x への移行 (Esri 製品サポート サイトへのログインが必要です)をご参照ください。

※バージョン 3.x では、ArcGIS 10.1 for Server の新機能を利用するためのクラスが用意されています。これらのクラスは、ArcGIS 10.1 for Server 国内リリース後のサポートとなります。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト
ArcGIS API for JavaScript

Esri 社(米国) Web サイト
ArcGIS API for JavaScript