ArcGIS 10.2.1 for Desktop対応の国内データ変換ツールについて

最新の 10.5 対応の国内データ変換ツールはこちら→ ArcGIS Desktop 10.5 対応の国内データ変換ツールについて

先日 ArcGIS 10.2.1 がリリースされました。これにともない各種ツールが更新されました。ArcToolbox に含まれる [変換 ツール(国内データ)] ツールセットですが、デフォルトで [基盤地図情報 (GML) のインポート] ツールが含まれています。バックグラウンド処理もパッチをインストールすることなく実行できます。
そのほかは、特に変更点はございません。

ツールボックス

Esri 製品サポートページで提供しているツールではツールによって、10.2 対応版をそのまま利用できるものと、10.2.1 対応版を再度インストールいただく必要があるものがあります。

<10.2 対応版をそのまま利用できるツール>
数値地図画像変換ツール
電子地形図25000 変換ツール
地理院地図対応ツール
Zmap-AREAⅡ対応ツール
GEOSPACE CDS 対応ツール
ジオメトリ変換ツール

<10.2.1 対応版をインストールする必要があるツール>
Zmap-TOWNⅡ 対応ツール
河川地図対応ツール
数値地図データ変換ツール

※ツール機能が改善・拡張されています。詳細は各種ツールのページをご確認ください(サポート サイトへのログインが必要です)。

■関連リンク
ArcGIS 10.2.1 をリリースしました!
基盤地図情報JPGIS(GML) 形式対応について
ArcGIS 10.2 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて