土砂災害に備える危険区域の確認アプリを公開中

最近の日本における気象状態は、全国的に雨が多く山間部地域などでは土砂災害が多発しております。皆様もいつ起こるかわからない災害時に備えてご自宅周辺等の土砂災害危険区域を確認しておきませんか?

 ”土砂災害 危険地域確認アプリ” を開く → 画像をクリックでも開きます 

GPS 現在地ボタンを押す、または住所検索をして皆さんが住んでいる地域の地すべり、土石流、がけ崩れの土砂災害に関するレイヤを確認できます。

Ago_downloaded_5

ESRIジャパンでは、ArcGIS Online から国土数値情報(国土交通省国土政策局)のデータ(土砂災害・雪崩の危険箇所、竜巻、避難所施設など)を公開しております。→クリック

2

今回ご紹介したアプリもこちらのデータと ArcGIS Online を利用してすぐに作成することができます。今後も ESRIジャパンでは、ArcGIS Online からの配信データを追加していく予定ですのでご活用ください。国土数値情報の ArcGIS for Desktop での利用方法はこちらをご覧ください。 

最後になりましたが、広島市で 8 月 20 日未明に発生した大雨・土砂災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 

■関連リンク
南海トラフ巨大地震の被害想定を地図上に可視化しました
ArcGIS for Desktop ユーザに朗報!ArcGIS の使い方がさらに広がります
ArcMap から Web やスマートフォンへの共有(チュートリアル)
現地調査レポートをストーリー マップにしよう!
ArcGIS Online ドキュメント かんたんストーリー マップ作成ガイド
ストーリー マップを身近なものへ!こうすれば簡単に作成できる!
こんなテーマでもストーリー マップを作成することができます -富嶽三十六景をストーリー マップに!-