社会医療法人愛仁会:BI と GIS の連携で情報の見える化・意思決定の迅速化を実現

愛仁会は、高度急性期病院から慢性期医療、在宅ケア、介護・福祉、医療・介護職種の養成と多岐にわたる事業を展開している社会医療法人です。激変する医療業界と経営サイドのニーズに対応するため、BI と GIS を連携した医療マーケティング手法を導入。多様な情報が見える化されることで、今まで見えてこなかった課題を浮き彫りにし、新たなアクションへと繋げています。

Image1_2

愛仁会での BI と GIS の連携は、会議資料を「わかりやすく」することに端を発します。迅速な意思決定が求められ、かつさまざまな立場、物の見方を持つ参加者が会する施設長会議、役員会での資料論点の把握に費やす時間は、情報共有と意思決定の面で少なからず影響を与えていました。

Image2_2

BI と GIS の連携が生み出した効果、その後の医療マーケティングへの活用で浮き彫りになった課題とその後の取り組みについては、「激変する医療業界で必要な医療マーケティングとは」(社会医療法人 愛仁会)をご覧ください。

■関連リンク
・事例:地域医療の役割と需要予測に位置情報を活用(JA長野厚生連 佐久総合病院)
・事例:地域医療需要の分析と最適な医療体制を提案(奈良県立医科大学地域医療学講座)
・活用法:地域連携
・活用法:診療圏分析