ArcGIS Pro 2.0 新機能:ユーザビリティの向上

2017 年 11 月 7 日にリリースした、ArcGIS Desktop の最新アプリケーション「ArcGIS Pro」のバージョン 2.0 の新機能を複数回に分けてご紹介しています。
今回は、派手な機能ではありませんが、利用する上で少し作業が楽に、便利になるさまざまな新機能をご紹介します。

お気に入り

どのプロジェクトでもよく接続するデータベースやフォルダーがある場合、「お気に入り」に追加できるようになりました。お気に入りに追加したアイテムは、新しいプロジェクトを作成するときに自動的に接続されるように設定でき、プロジェクトごとに接続を作成する手間が省けます。

ショートカット メニューの充実

[カタログ] ウィンドウなどからアクセスできるショートカット メニューが充実し、より少ない手順で目的の処理ができるようになりました。

テーブル

レコード数の多いテーブルをスクロール バーを使用してスクロールする際に、マウスを放した位置のレコードだけ表示されるようになりました。スクロール中は「スキャンしています」と表示され、スクロール操作が高速化されます。

ナビゲーション ツール

2D/3D マップでナビゲーション ツールを使用できるようになりました。特に 3D マップでは、地下、建物内部、LIDAR データなど、通常のマウス操作でのナビゲートが難しい場合に有効です。

その他にも日々の作業を少し楽にしてくれる、さまざまな新機能が追加されています。すべての新機能のリストは Web ヘルプをご参照ください。

ArcGIS Pro は従来のアプリケーション「ArcMap」と並行して利用することができます。使いはじめたい場合は「はじめての ArcGIS Pro」(サポート サイトへのログインが必要です)をご参照ください。ArcGIS Desktop 製品をお持ちでない場合は、トライアル版でお試しいただけます。

■関連リンク
ArcGIS Pro 2.0 新機能:アノテーション
ArcGIS Pro 2.0 新機能:3D
ArcGIS Pro 2.0 新機能:解析