ArcGIS Pro で ENVI 機能が利用可能になりました

弊社で販売している画像処理ソフトに ENVI 製品がありますが、先月 3 月 23 日に ENVI5.5  を国内リリースしました。ENVI5.5 の新機能には、新規データタイプのサポートや ENVI Modeler、ENVI Py といった機能が追加されました。本ブログでは、ENVI Py についてご紹介します。

ENVI Py とは?

ENVI Py とは、Harris が提供する ENVI Task を利用できるようにするためのスタンドアロンの Python API です。ENVI デスクトップ上で ENVI および IDL Task を実行することができます。ArcMap と ArcGIS Pro をサポートし、ArcGIS から ENVI の機能を利用することができます。

前バージョンまでは、ArcMap がインストールされているマシンに ENVI をインストールすると、ENVI Tool for ArcGIS として ArcToolbox に ENVI Tools が追加され、ENVI の機能を ArcMap で利用することができました。ENVI5.5 では、ENVI Tool for ArcGIS はなくなり、ENVI Py として ArcMap だけでなく ArcGIS Pro でも ENVI の機能を利用できるようになりました。

Image1_ENVIPy

ENVI Py の利用方法は、ENVI をインストールした後、ArcMap または ArcGIS Pro の専用インストーラーをインストールするだけです。ArcMap では ArcToolbox に、ArcGIS Pro ではジオプロセシングに上図のような [ENVI Analytics] と [ENVI Management Tools] ツールボックスが追加されます。

[ENVI Analytics] ツールボックス内にはすぐに使える ENVI の分類ツールが格納されており、[ENVI Management Tools] ツールボックスでは、ENVI Task を呼び出して ArcGIS で利用できるツールを作成することができます。

◎実際に ENVI の大気補正ツールを作成してみましょう。

[ENVI Management Tools] の [Create ENVI Toolbox] を開き、[ENVI Task Name] に追加したい ENVI Task の名前を入力します。(下図の例では、3 つの Task を追加しています)

ENVI Task の名前は以下のヘルプから確認することができます。

http://www.harrisgeospatial.com/docs/routines-2.html

[Output Toolbox] に ENVI Task を格納するためのツールボックスを保存する場所で任意の名前を入力します。

Image2_CreateENVITool

実行すると、以下のように指定した ENVI Task を含んだツールボックスを作ることができました。[QUAC] ツールを開くと、ENVI と同じパラメーターが確認でき、利用することができます。

Image3_OutputENVItool

※QUAC は Atmospheric Correction モジュールが必要です。

ENVI5.4 と ENVI 5.5 は別の場所にインストールされ独立して動作するため ArcMap では ENVI Tool for ArcGIS と ENVI Py を併用することも可能です。ArcGIS に ENVI 機能を追加して解析手法を広げましょう。

ENVI のバージョンアップのための FAQ

まだ ENVI をお持ちでない方は、ENVI トライアルからお試しください。