ArcGIS Pro 2.6 新機能:BIM/CIM 関連の新機能をご紹介します!

ArcGIS Pro では、オートデスク社の BIM 対応製品である Revit の Revit モデル (*.rvt) を直接読み込めますが、9 月 10 日にリリースした ArcGIS Pro 2.6 では、元の Revit モデルにテクスチャが設定されている場合、その情報も ArcGIS Pro で読み込めるようになりました。

また、FloorPlan (平面図) が設定されている場合も読み込まれるように機能改良されています。

さらに、ArcGIS Pro 2.6 では、オートデスク社のクラウド型製品である BIM360 に直接接続することが可能となりました。BIM360 に接続すると、クラウド ストレージ上にあるファイルを参照でき、ArcGIS Pro に直接追加して利用することができます。

ArcGIS Pro と BIM360 の接続を行うためには、管理者権限を持つ BIM360 アカウントにおいて、設定が必要です。手順については、以下をご参照ください。

How To: Add the ArcGIS Pro app to Autodesk BIM 360

なお、2020 年 10 月 28 日 (水) に以下のウェビナーにおいて、オートデスク製品における GIS データの活用、ArcGIS における BIM/CIM モデルの活用をご紹介します。是非ご参加ください!

※画像をクリックすると詳細ページにアクセスできます。

■関連リンク

ArcGIS Pro 2.6 新機能ページ

ArcGIS Pro 2.6 をリリースしました!

ArcGIS Pro 2.6 新機能:トレース ネットワークのご紹介!

ArcGIS Pro 2.6 新機能:マップグラフィックス機能をご紹介します!

ArcGIS Pro 2.6 新機能: 多次元データの新しい表示方法 “ボクセル レイヤー”

ArcGIS Pro 2.6 新機能:ますますパワーアップしたマッピングとビジュアライゼーションの機能をご紹介します!

ArcGIS Pro 2.6 新機能:データ間の関係性を可視化する ”リンク解析” 機能が追加されました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする