ArcGIS QuickCapture 2021 年 9 月 アップデートの新機能情報

 移動中でもボタンひとつでデータをすばやく収集できる、現地調査アプリ ArcGIS QuickCapture が 2021 年 9 月にアップデートされました。本ブログでは主な新機能をご紹介します。

方向付き画像の表示

撮影した画像の方向を専用の Web アプリで閲覧することが可能になりました。Web デザイナーで方向付き画像の有効化を設定することで、画像の方向を求めるための必要なメタデータが自動的に取得されるようになります。

方向付き画像の表示

※ (ベータ版) と記載がありますが、ベータ版ではありません。

画像の方向を確認できる Web アプリはマップと写真が連動しているため、マップ上でインタラクティブに写真の撮影範囲を確認することができます。

方向付き画像の表示

直近のキャッシュを使ってオフライン時でもベースマップを表示できるように

散発的にネットワークが遮断され一時的にオフラインになってしまう環境でも、直近でマップを表示し取得したキャッシュを使ってベースマップを表示できるようになりました。通信環境が悪い地域で現地調査する場合でも、ベースマップを参照して調査を続けることできます。

オフライン キャッシュ

自動送信間隔の組織設定

自動送信間隔は、QuickCapture モバイル アプリで収集したデータを ArcGIS Online に送信する頻度を設定することができます。今までは各ユーザーがバラバラに設定していましたが、今回のアップデートで ArcGIS Online 組織サイトの管理者が設定した自動送信間隔を組織内すべてのユーザーに対し、デフォルトの設定として適用し統一できるようになりました。

自動送信間隔の組織設定

デバイス モデル変数

メーカーから提供されたデバイス モデルが自動入力できるようになり、調査時に使用したデバイスを確認することができます。

デバイス モデル変数

そのほか新機能の一覧については、ヘルプ (英語) をご参照ください。

■関連リンク

ArcGIS Online 製品ページ
ArcGIS QuickCapture 製品ページ
・ブログ記事「ArcGIS Online (2021 年 9 月アップデート) の新機能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする