ArcGIS Explorer Desktop(ビルド1750)をリリース


ArcGIS Explorer Desktop は使っていますか?

ArcGIS Explorer Desktop は誰でも無料でダウンロードできる GIS ビューアです。シェープファイル、KML、GPSデータなどの表示や空間検索などの機能を使用することができます。前バージョンの1700で様々な新機能が追加され、より使いやすいビューアになっています。

Arcgis_explorer1750

今回リリースした ArcGIS Explorer Desktop (ビルド1750)では機能改善と問題修正が行なわれて品質が向上しています。是非、一度ご利用ください!

ArcGIS Explorer Desktop (ビルド1750) のダウンロードはこちら
使用方法はヘルプをご覧ください。


ArcGIS Explorer Desktop (ビルド1750) の更新内容
・小数点の代わりにカンマを使用する言語形式でも、GPS レシーバとジオタグ付き写真のロケーションが表示できるように修正されました。
・ArcSDE への接続パスワードがデフォルトでマップ内に格納されます。
・クリックしたアイテムのレイヤ名をポップアップ ウィンドウに表示します。
・ポップアップ情報の表示を待つ間、待ち状態のカーソルを表示します。
・ArcGIS Desktop でテーブル結合したレイヤの属性情報をポップアップ ウィンドウに表示します。
・一致する結果が見つからないとき、検索機能は検索を停止します。
・マップ コンテンツ作成時や KML や ジオタグ付き写真を表示するときに、マップの投影が正常に適用されるようになりました。
・リバース プロキシや仮想環境の ArcGIS Server のマップ サービスを 2D で表示します。
・ArcSDE に格納されているラスタを表示時に、[ツール] タブをクリックするとエラーが発生する問題が修正されました。
・GPS レシーバでデバイスが見つからない場合にオプション ダイアログを表示します。
・2D 表示で、[移動] を行うと拡大したフィーチャの一部が途切れて表示される問題が修正されました。
・GeoRSS フィード ポップアップ情報の表示を改善しました。
・KML を ArcGIS Online にアップロードできるようになりました。
・フィーチャ レイヤのマップチップを表示します。
・現在の ArcGIS Online Web マップをサポートできるように更新されました。
・ポイントの計測で、緯度経度の表示形式が修正されました。
・GPX ファイルからフィーチャを追加する機能が改善されました。

■関連リンク
製品ページ
・ArcGIS ブログ: ArcGIS Explorer (ビルド1700):無償 GIS ビューアの最新バージョンをリリース