2013 年にアクセスの多かった注目のブログ記事は?

新年あけましておめでとうございます。本年も引き続き ArcGIS ブログを宜しくお願い致します。

さて、今年 1 回目のブログですが、昨年に引き続き、2013 年に掲載したブログ記事の中でアクセス数の多かった記事トップ 10 を紹介します。

第 1 位:南海トラフ巨大地震の被害想定を地図上に可視化しました(掲載日:9 月 9 日)
第 2 位:Landsat 8 画像を使ってみよう!(掲載日:7 月 12 日)
第 3 位:DM(ディジタルマッピング)データの変換と利用のコツ!(掲載日:2 月 5 日)
第 4 位:電子国土 Web 対応アドイン を公開しました!!(掲載日:6 月 28 日)
第 5 位:地図で物語を!ストーリー マップを作成してみよう(掲載日:4 月 30 日)
第 6 位:何ができるの? ArcGIS Spatial Analyst – 内挿 –(掲載日:1 月 29 日)
第 7 位:位置情報付き写真を利用したサンプルコード(ArcGIS Runtime SDK for iOS)を公開しました!(掲載日:2 月 12 日)
第 8 位:ArcPy で画像処理をしてみよう ~その1:ラスタオブジェクトとプロパティ(掲載日:3 月 1 日)
第 9 位:ArcGIS 10.1 対応「国内データ変換ツール一覧」資料の公開(掲載日:1 月 25 日)
第 10 位:ArcPy で画像処理をしてみよう ~その3:ラスタ演算(Spatial Analyst)(掲載日:3 月 29 日)

第 1 位の南海トラフ巨大地震の記事は公開以降ずっとアクセス数が多く、ブログページ左側にあるアクセスランキング(最近 30 日)でもジオメトリ変換ツール国内データ変換ツールなどの常連記事を抑えて 1 位の座を保持し続けています。またランキングからは対象外としましたが、スマートフォンからこの南海トラフ巨大地震の記事にアクセスしている数も 5 位に入るほど多く、関心の高さがうかがえます。

今年はこういった身近な社会問題に対して GIS がどのように活用できるのかを、技術的な Tips を交えて取り上げていきたいと思っています。

~ESRIジャパン ブログの Twitter アカウントのフォローもお願いします~
https://twitter.com/EsriJapanBlog