ツイート内容+地理空間情報 を企業のブランド戦略に活用

Twitter のツイート内容は、購買者心理を表す価値を秘めたデータであるといわれています。しかし、データ量が多くノイズの多いデータであることも確かです。
米国 Esri と IBM Research Almaden’s Accelerated Discovery Lab は共同でこのツイート内容を活用すべく、ツイート内容と地理空間情報を組み合わせて地域的な特徴を可視化し、企業のブランド戦略や課題解決に活用する研究をスタートさせています。

Image

特定のアパレルメーカーに関する顧客のツイートすべてを分析し、その内容をモニタリングすることは可能でしょうか。
この問いに挑むべく Esri と IBM のプロジェクトチームは、全米に展開するアパレルメーカー 8 社に関するツイートを分析し、顧客が抱いている各アパレルメーカーのブランドイメージについての評価を行いました。

続きは活用事例、「企業のブランド戦略に「ビッグデータ分析+地理空間情報」を活用」(米国 Esri 、IBM)をご覧ください。