Collector、Explorer のサポート終了に関するお知らせ

ArcGIS Apps の現地調査アプリの Collector、マップ閲覧アプリの Explorer は以前のブログでお伝えしていた通り、2021 年 12 月をもって廃止、サポートを終了する予定となっています。これ以降は、セキュリティや不具合に関するアップデートも行われません。現在もご利用中の方は、今後はこれらのアプリの後継である ArcGIS Field Maps をご利用いただきますよう、お願いいたします。

FieldMapsへの移行

Field Maps の最新の機能紹介に関しては、下記の記事をご覧ください。

ArcGIS Field Maps 2021 年 6 月 アップデートの新機能情報
ArcGIS Field Maps 2021 年 4 月 アップデートの新機能情報

  • よくあるご質問

Q. これらのアプリがサポート終了になるのはなぜですか?

Field Maps は、Esri の現地調査アプリ群を簡素化および合理化することを目的として開発されています。インストールやサイン インするアプリが 1 つで済み、細かい操作の手間を減らします。1 つのアプリに統合することでモバイル端末の管理者の作業も楽になります。ワークフロー別のアプリから現地調査のさまざまな業務に対応しているオールインワン アプリとして提供することで、必要なアプリの選定をすることなく、すぐに現地調査業務を始めることができます。

Q. Field Maps への移行をどのように計画する必要がありますか?

移行を早期に開始することをお勧めします。

Field Maps アプリは、Collector や Explorer に使い慣れたユーザーに対して違和感なく移行できるよう概観や操作が設計されています。また、Collector/Explorer ユーザーが Field Maps を利用するための、ユーザー タイプやライセンスの変更も必要はありません。詳細については、ArcGIS Field Maps 移行ガイドをご参照ください。

Q. Collector と Explorer の Windows 版はどうなりますか?これらも 2021 年 12 月にサポート終了するのでしょうか?

Windows 10 環境での ArcGIS Field Maps の開発は積極的に行っていないため、当面の間、Collector (Windows) と Explorer (Windows) はサポートされる予定です。iOS および Android アプリと同時に提供が終了される予定はありませんが、Windows 版に追加の拡張機能は計画されていません。

また、Windows 環境での現地調査アプリを必要とするユーザーのために、ArcGIS Survey123 と ArcGIS QuickCapture はクロスプラットフォームで開発しており、Windows 環境でもこれらのアプリは利用可能で、新しい機能を今後も提供していきます。

さらに、ArcGIS Pro 2.7 以降では、GPS を利用したデータ収集ワークフローをサポートしています。ArcGIS Proは、ユーティリティ ネットワークや、完全にオフラインで長期間動作する機能など、一般的に要求される機能をすでにサポートしています。

これらの別製品の利用もご検討ください。

Q.Workforce についてはどうですか?

ArcGIS Workforce は今後 Field Maps に組み込まれる予定です。Field Maps がこのアプリと機能的に同等になったら、約 1 年後にアプリが提供終了となる予定です。

※本ブログは米国 Esri のブログ「Deprecation Notice for Explorer, Collector, and Tracker」を元に一部抜粋・翻訳したものです。

■関連リンク
ArcGIS Online 製品ページ
ArcGIS Field Maps 製品ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする