ArcGIS Business Analyst Pro への移行のススメ

商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS ソリューションの ArcGIS Business Analyst Desktop の保守有効ユーザーの皆様は、現在、以下の 2 種類のアプリケーションをご利用いただけます。

BA Pro_1

  • ArcGIS Business Analyst Pro (以下 BA Pro)
  • ArcGIS Business Analyst Desktop 10.x (以下 BA Desktop 10.x)

なお、BA Desktop 10.x のサポートは 2024 年 2月 29 日をもって終了となるため、後継アプリケーションである BA Pro のご利用をお勧めしております。この記事では、BA Desktop 10.x から BA Pro へ移行した際のメリットと移行の際に活用できる各種ドキュメントをご紹介します。

BA Pro のメリット

1.ハイ パフォーマンスな処理

BA Pro_2

BA Pro は 64 bit 対応かつマルチスレッド対応のアプリケーションで、解析のパフォーマンスが向上しています。

また、描画エンジンも刷新され、大容量のデータも高速に表示できます。表示は DirectX / OpenGL から選択いただけます。

2. 1 ファイルに複数のマップを保存、連動表示も可能に

BA Pro_3

BA Pro ではデータ管理がプロジェクト ベースになり、関連するデータやマップの一元管理が可能になりました。また、1 つのファイルに 3D マップを含む複数のマップを保存することができますので、手軽に様々な可視化や分析を行うことができます。

3. 使いやすいインターフェイス

BA Pro_4
Office 製品などに用いられているリボン インターフェイスで、直感的な操作が可能になりました。
また、BA Pro では、解析に利用する変数 (統計指標) を選択するための「データ ブラウザー」が追加され、対象のデータを探しやすくなりました。

4. ArcGIS Online / ArcGIS Business Analyst Web App との連携強化

BA Pro では、ArcGIS Online 上のレイヤーの参照や共有機能へのアクセスが手軽になり、さらに Web マップ を開くこともできます。BA Web App で作成した商圏を BA Pro でも利用することができます。BA Pro_5

5. 新しい商圏レポート「インフォグラフィックス」

BA Pro_6

インフォグラフィックスとは、チャート等を動的に表現することができる、新しい商圏レポートです。1 つのレポートから、直観的により多くの情報を得ることが可能になりました。BA Pro では、このインフォグラフィックスを生成することができます。

6. アプリケーション上で手軽にバージョンアップ!

BA Pro は、おおよそ半年に 1 度バージョンアップし、継続的な機能拡張・改善が行われますが、更新そのものも手軽になりました。BA Pro は、ベースとなるアプリケーション「ArcGIS Pro」をインストールするだけでご利用いただけます。従来のようにベースのアプリケーションに加えて、BA Desktop 用コンポーネントを別途インストールする必要はありません。

また、サポートサイトから新しいインストーラーを入手する必要もなくなりました。最新のバージョンがリリースされた場合、アプリケーション上に更新通知が表示され、そのまま更新することができます (ArcGIS アカウントにサイン イン時)。

以上、BA Pro へと移行するメリットを 6 つご紹介いたしました。
ESRIジャパンでは、BA Desktop 10.x をご利用の皆様が、BA Pro への移行をスムーズに行っていただけるよう、さまざまなマテリアルを公開しております。

スタートアップ ガイド

BA Pro の利用を開始する方のためのガイドです。

チュートリアル

実際の利用シーンにあわせつつ、BA Pro の操作を学んでいただけます。 演習でお使いいただけるデータも配布しております。

  • 顧客・店舗情報の取り込み (住所を用いたジオコーディング)
  • 商圏分析
  • 顧客分析

の手順を公開中です。コンテンツは随時更新しており、2021 年 11 月には新たに以下の内容を追加しました!

  •  データのカスタマイズ

「データのカスタマイズ」では、自社の顧客や売上などの独自のデータや、BA 付属のデータを使用してカスタム変数を作成し、マッピングおよび解析で利用する方法を習得いただけます。

ArcGIS Business Analyst Desktop 機能対応表

ArcGIS Business Analyst Desktop 機能対応表

BA Desktop の機能の BA Pro における対応状況について記載した対応表です。 最新バージョンである BA Pro 2.8 現在、ほとんどの機能が Pro に移植されています。

ぜひ、マテリアルをご活用いただき、より快適な商圏分析のために BA Pro への移行をご検討ください!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする