GeoDev Meetup – RESAS API ハッカソン予習・復習会 開催レポート

昨年の 12月16日(金)に弊社で初めて GeoDev Meetup を開催しました。

第一弾では、RESAS API ハッカソン予習・復習会を企画しました。RESAS API ハッカソンでは、ESRIジャパンも開発者向けにリソースの提供やハッカソン参加者の Q&A サポートを行いました。

RESAS API ハッカソンの目的
RESAS(Regional Economy and Society Analyzing System、リーサス)は、地方創生の実現に向け、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が官民のビッグデータ(産業、人口、観光、農業等)を分かりやすく「見える化」したシステムです。参加者は興味のある地域別にチームを組み、RESAS API を用いて、これまで RESAS にはできなかったさらに深い地域分析や地域活性につながるアプリケーションの新規創出を目指すことがハッカソンの目的です。
東京で考える地方創生!RESAS API ハッカソンより一部引用)

GeoDev Meetup とは、
・エンジニアやデザイナーの方々に ArcGIS を知ってもらいたい
・気軽に弊社スタッフと交流できる場を設けたい
・まず始めてみたい人をサポートしたい
などを目的としています。
GeoDev Meetup を通じて新しい仲間に出会えることができるような場や、もしくは、ArcGIS を利用することで、新しいビジネスの創出や新しい事業を開発するきっかけなどが生まれる場になれればとも思っています。ArcGIS を通じた大きなコミュニティが日本でももっと活発になるようにしていきたいと思っています。

初めての GeoDev Meetup では、RESAS のデータを可視化するためのツールとして、ArcGIS for Developers をご検討くださった方向けにもくもく作業しながら、弊社スタッフに気軽に質問できる場を設けました。また、次回開催の予習でもよいですし、他のコンテストで使ってみたいという方や、ただ興味があるという方も気軽に交流できる場も設けました。

続きを読む




2016 年にアクセスの多かった注目のブログ記事は?

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

年末年始はゆっくり過ごされた方も多いと思います。私もこの 1 週間は GIS の世界から離れていましたが、気持ちを切り替えて ArcGISブログを始めていきたいと思います。

さて、今年 1 回目のブログ記事は恒例の「2016 年に掲載したブログ記事の中でアクセス数の多かった記事トップ 10」を紹介します。この企画は 5 回目(5 年目)になりますが、アクセス数の多かった記事をまとめると、読者がどのようなことに注目していたかがわかり、話題提供の参考にもなります。トップ 10 の記事はぜひ読んでみてください。

 

それでは 2016 年のランキングを見てみましょう。

続きを読む


本年もありがとうございました ~年末のご挨拶~

いつも ArcGISブログをご愛読いただき誠にありがとうございます。本日が ArcGISブログの 2016 年最後の記事です。

今年もリリース記事や Tips 情報など ArcGIS に関するさまざま情報を提供してきました。

1 年を振り返ってみると、今年は多くの新製品が登場したような気がします。

たとえば、3D 対応の無償ビューアー「ArcGIS Earth」、フォーム入力型の現地調査アプリ「Survey123 for ArcGIS」、ドローンで取得した画像から GIS データを生成することができる「Drone2Map for ArcGIS」など、目的に応じたさまざま軽量アプリをリリースしました。また、ArcGIS で特定の業務をすぐに開始できる「ArcGIS Solutions」をリリースしました。ArcGIS Solutions では自治体や建設コンサルタント業務ですぐに利用できる各種ソリューション テンプレート(マップ、アプリ、ツール)を提供していますのでご活用ください。。

もちろん ArcGIS のコア製品である ArcGIS for DesktopArcGIS for ServerArcGIS EngineEDN も進化を遂げ、6 月にバージョン 10.4 を、さらに 9 月には 10.4.1 をリリースしました。それに伴い、ArcGIS Pro もバージョン 1.2、1.3 をリリースし、着実に機能強化が図られています。

1

続きを読む


Web AppBuilder for ArcGIS:2016 年 12 月のバージョンアップ内容をご紹介!

(注:本記事は米国 Esri 社のブログ記事「What’s New in Web AppBuilder for ArcGIS (December 2016)」を ESRIジャパン株式会社にて翻訳したものです)

 

先日、12 月 15 日に Web AppBuilder for ArcGIS(ArcGIS Online 版)をバージョンアップしました。このバージョンアップでは、UX の向上に焦点を当てたウィジェットの機能強化が進められています。

 
続きを読む



インフルエンザの流行状況を分析

12 月に入り、季節もすっかり冬に移り変わるとともに、インフルエンザが流行する時期になりました。みなさま体調などは崩されていないでしょうか?

昨年の冬も各地でインフルエンザが流行しましたが、今回、今年 1 月から 5 月までの期間で神奈川県内の発生状況を地図化し、分析しました。

各市区町村から週報で公開されているインフルエンザ定点当たりの罹患者数をもとに時空間ホット スポット分析を行いました。

続きを読む


Esri Business Analyst 2017 年版データをリリースしました

12 月 16 日に、Esri Business Analyst for Desktop(以下 Business Analyst)上でご利用いただける Esri Business Analyst 2017 年版データをリリースしました。保守契約が有効である Business Analyst ご利用ユーザー様には、最新の 2017 年版データを順次お届けいたします。

%e5%9b%b31

続きを読む


時空間の表現に最適な Space Time Cube Explorer アドインを提供

ArcGIS Pro 1.3 用のアドインとして米国 Esri 社が作成した「Space Time Cube Explorer Add-in」がArcGIS Online から提供されています。

最新版(2016 年 10 月 13 日更新)では、言語パックが適用された環境に対応し、ArcGIS Pro の日本語環境でも使用できるようになりました。

Space Time Cube Explorer アドインは [時空間パターン マイニング] ツールボックスで作成した時空間キューブの探索を強化します。

アドインは次のサイトからダウンロードすることができます。
http://www.esriurl.com/SpaceTimeCubeExplorer

2

続きを読む