Windows タブレットにも対応した新しい GIS アプリ開発キットをリリースしました!

Windows プラットフォーム向けの新しい GIS アプリケーション開発キット、ArcGIS Runtime SDK for .NET をリリースしました。ArcGIS Runtime SDK for .NET は Windows デスクトップだけではなく、Windows タブレットや Windows Phone といった様々な Windows デバイス向けに地図データの表示、編集、解析を行う GIS アプリケーションを開発することができます。

■Windows タブレットにも対応
ArcGIS Runtime SDK for .NET は、タブレットなどのデバイスで動作しタッチ操作を前提とする新しいアプリケーションである Windows ストア アプリをサポートします。ArcGIS Runtime SDK for .NET を利用することで、Windows タブレット上で動作する GIS アプリケーションを開発し、現地調査や営業支援など様々なソリューションを構築することができます。

Windows_tablet_medium_2

■マルチデバイス アプリケーションの開発をサポート
ArcGIS Runtime SDK for .NET はサポートするすべてのプラットフォームに対して共通の GIS 開発ライブラリを提供します。そのため Windows デスクトップ アプリケーションと Windows タブレット アプリケーションで GIS 機能に関する処理のコードを共通化することができます。また、すべての Windows デバイスを対象とするユニバーサル Windows アプリとして GIS アプリケーションを開発することも可能です。

Source_code_share_2


■多彩なデバイスをサポートする ArcGIS
すでにリリースされている ArcGIS Runtime SDK for iOSArcGIS Runtime SDK for Android に ArcGIS Runtime SDK for .NET が加わることによって、ArcGIS はすべての主要なモバイル デバイス上で、GIS アプリケーションの開発をサポートします。すべての開発キットは共通のコア ライブラリを使用して開発され、ArcGIS Online や ArcGIS for Server に同じようにアクセスすることができるため、クライアント デバイスの種類を選ばない柔軟なシステムの構築が可能です。

Runtime_sdk_2

本ブログでも過去 3 回にわたってベータ版のご紹介をした ArcGIS Runtime SDK for .NET がいよいよ正式にリリースされました。他の開発キットと同様に ArcGIS Online 開発者向けプランにサインアップすれば無償で開発を行うことができますので、ぜひ Windows 向けの GIS アプリケーションの構築に ArcGIS Runtime SDK for .NET をご利用ください。

■関連リンク
ArcGIS Runtime SDK for .NET
ArcGIS Runtime SDK for .NET のご紹介(ベータ版紹介記事)
ArcGIS Runtime SDK for .NET の機能概要(ベータ版紹介記事)
ArcGIS Runtime SDK for .NET のサンプルのご紹介(ベータ版紹介記事)