「ArcGIS データコレクション 2016」をリリースしました!

ArcGIS データコレクション」は、ESRIジャパンが提供する ArcGIS ですぐに使える高品質・高性能・低コストの加工済データベース製品群です。最新版である「ArcGIS データコレクション 2016」を 10 月 9 日(金)にリリースいたしました。

Image1_3

「ArcGIS データコレクション 2016」では、データの鮮度が向上しているのはもちろん、最新デスクトップ GIS アプリケーションである ArcGIS Pro にも対応しました。本記事では、各データ製品の前年度版からの変更点をご紹介します。

スタンダードパック
スタンダードパック 2016」は、データ製品の中でも特に使用頻度の高い背景地図データ(「広域地図」、「公共地図」)、住所データ(「街区レベル住所」)、統計データ(「基本統計」)を DVD 4 枚組に収録したパッケージ製品です。「広域地図」ではデータ ソースを株式会社ゼンリン地図データ(2014 年冬)に更新、また、「公共地図」ではデータ ソースに 2015 年 5 月時点の数値地図(国土基本情報)を採用し、どちらの製品においても最新の背景地図を収録しています。「基本統計」では平成 21 年経済センサス基礎調査町丁・大字別集計と市区町村単位の統計データを新たに収録し、産業分類別の事業所数や従業員数などを利用した、より幅広い分析が可能となりました。「街区レベル住所」ではマルチスレッド対応を行ったことにより、高速化したバッチ ジオコーディング処理をご利用いただけるようになりました。

プレミアム製品
スタンダードパック以外の製品として、より詳細な背景地図データと住所データ、道路ネットワークや地形分析といった特定の分野に特化した製品など、多彩で高品質なデータをご用意しております。道路ネットワーク データの「道路網」では、道路交通センサスに基づいた旅行速度での解析がご利用いただけるようになり、また、到達圏インデックスの追加により、到達圏構築の高速化を実現しました。その他にも、「住居レベル住所」でマルチスレッド処理による高速化対応を行うなど、数多くの点でパワーアップした内容となっております。

Image2_2

※「地形」のみ、2015 年 12 月頃のリリースを予定しております。


各製品の詳細につきましては、弊社 Web サイトの製品紹介ページをご覧ください。
さらに進化した「ArcGIS データコレクション」をぜひご利用ください。

■関連リンク
ArcGIS データコレクション
GISデータストア