ArcGIS Pro でポップアップを構成して写真を表示してみよう

ArcGIS Pro では、[マップ操作] ツールを使用してビュー内のフィーチャをクリックすると、ポップアップ ウィンドウに書式設定された属性フィールドがリストとして表示されます。
このリストは、[ポップアップの構成] から対話的に設定を行い、より見やすい表示に変更することができます。

今回は、以前ご紹介した ArcMap で HTML ポップアップを使った画像表示を ArcGIS Pro で行う方法をご紹介します。

1


まず、設定を行う前に画像のパスを書き込んだ属性フィールドがあることを確認します。
(ここでは、 [ジオタグ付き写真 → ポイント] ツールを使用して作成したポイントデータを使用しています。「Path」フィールドに、画像へのパスがあります。)

2


[コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを右クリックし、[ポップアップの構成] をクリックします。

3_3


[ポップアップ] ウィンドウが表示されます。[イメージ] をクリックし、エレメントを追加します。

4_2


[ポップアップ エレメントの編集] をクリックし、[ソース] [URL] で画像へのパスが格納されているフィールド「{Path}」を入力します([フィールド] ドロップダウン メニューをクリックすると、属性値を選択して各パラメータに設定することができます)。構成後、[戻る] をクリックします。

7_1


[マップ操作] ツールの状態で、フィーチャをクリックすると、構成した形式でポップアップが表示されます。 

9

さらに、ArcGIS Pro では 3 次元表示も行うことができますので、3D シーン上でポップアップを表示させることで、地形と比較しながら現地の写真を見ることも可能です。

10


■関連リンク

ArcGIS Pro の便利な機能 -編集編-
ArcGIS Pro の便利な機能 –タスク編-
ArcGIS Pro の便利な機能 –マルチ ウィンドウ編-
ArcGIS Pro の便利な機能 -ラベリング編-