ArcGIS における品質チェック機能、Data Reviewer とジオデータベース トポロジの比較資料を公開しました!

GIS においても、データの品質というのは重要です。品質の良いデータを作成することで、不正確な解析を防いだり、データの作成し直しによるコストを削減したりすることもできます。また、データに編集が加われば再度チェックする必要があり、データの品質チェックは状況によっては何度か行う場合があります。

GIS データの品質要素

ArcGIS では、一般的な空間チェックを行う機能として、ジオデータベース トポロジがありますが、高度な空間チェック、属性チェックを行える品質管理専門の Data Reviewer というエクステンションもあります。

業務において、どちらの機能を利用するかは仕様によるところがありますが、機能の違いや利用ケースがわかるよう、ArcGIS Data Reviewer ドキュメント ページで比較資料を公開しました。

利用ケース簡単早見表

また、以前はサポート サイトでのみ公開していた、Data Reviewer の自動チェックを簡単に日本語で説明した資料も同じサイトで閲覧できるようにしました。

正しい地図、正しい解析は、品質の良いデータを作ることから始まります。ArcGIS では、編集時に品質の良いデータを作成するためにスナップやトポロジ編集などのツールがありますが、作成したデータを確認するという作業も大切です。

GIS データの品質向上に興味のある方は、是非これらの資料を参考にしてください。

■関連リンク

GIS基礎解説:トポロジ

ArcGIS Data Reviewer エクステンションを使ったデータの品質管理 – トポロジ ツールとの違い –

Data Reviewer でデータの品質管理をしませんか?