ESRIのクラウドGIS~新しくなったArcGIS Onlineを使ってみよう!

ArcGIS ユーザへの各種オンラインサービスを提供する Web プラットフォームとして、「 ArcGIS Online 」というサイトがあるのはご存知の方も多いでしょう。この ArcGIS Online は、クラウド GIS における「 SaaS (Software as a Service) 」や「 PaaS (Platform as a Service) 」といったカテゴリに分類されるサービスです。以前は、 ArcGIS Online の URL は「 www.arcgisonline.com 」でしたが、 ArcGIS 10 のリリースに合わせ、「 www.arcgis.com 」として新しく生まれ変わりました。

本記事では、この新生 ArcGIS Online についてご紹介いたします。

■まず最初に…
www.arcgis.comへアクセスすると、ホーム画面はこのようになっています。

01arcgiscom_home50_2

このまま使い始めることも可能ですが、 ArcGIS Online の全ての機能をご利用いただくために、「 ESRI グローバルアカウント」でログインすることをお勧めします。ログインするためには、右上の「 Sign In 」をクリックしてください。

02login_6

既にグローバルアカウントをお持ちの場合は、まず右側の「 Register my ESRI Global Account 」をクリックして、 ArcGIS Online の新規メンバーとして登録してください。また、グローバルアカウントをまだお持ちでない場合は、右側の「 Create an account 」をクリックして、新規アカウントを作成してください。

■新しい ArcGIS Online でできること

(1) マップサービス(背景地図)の利用

インターネット経由で、 ArcGIS ですぐに利用できる2Dまたは3Dの背景地図を提供します。個人または組織の内部利用と非商用の外部利用は無償で、商用の外部利用は有償での提供となります。下の図は、 ArcGIS Explorer での背景地図選択画面です。

03basemaps_3

(2) ArcGIS Explorer Online
これまでは単独のアプリケーションとしてご提供していた ArcGIS Explorer が、 ArcGIS Online 上で RIA(Rich Internet Application) という形でもご利用いただけるようになりました。 ArcGIS.com ホーム画面上の、「 Start ArcGIS Explorer Online 」をクリックするとスタートします。

04agx_online50_2

ArcGIS Explorer Online では、 ArcGIS Online からオンラインマップサービスを読み込んで背景地図と重ねあわせたり、簡単な図形を書き込むことができます。また、その結果を、後述する「マップコンテンツ共有サービス」を用いて他のユーザと共有することもできます。

(3) マップコンテンツ共有サービス
ArcGIS Online 上には、各登録メンバーに無償のストレージ領域(共有スペース)が用意されており、これを使用してオンラインマップやマップパッケージを他のユーザと共有することができます。共有の対象は、無制限( Everyone )もしくは特定のグループ( ArcGIS Online 上で作成する)となります。
(注:「マップパッケージ」は ArcGIS 10 からの新機能です。現バージョンの ArcGIS
では「レイヤパッケージ」の作成とアップロードをおこなうことができます。マップパッケージとレイヤパッケージについては、こちらの記事をご覧ください)

05map_sharing_3

共有スペースへコンテンツをアップロードする方法はいくつかあります。まずは ArcGIS Desktop で使用中のマップから「マップパッケージ(またはレイヤパッケージ)」を作成して ArcGIS Online へアップロードする方法、そして ArcGIS Explorer Online で表示中のマップを、「 Web Map 」として ArcGIS Online へ保存する方法です。

■最後に
ArcGIS Online は、クラウドコンピューティングの技術を用いて、 ArcGIS ユーザの皆様に使いやすい背景地図(ベースマップ)やマップコンテンツの共有スペースをご提供するサービスです。無償でご利用いただけますので、ぜひお試しください。