「 GIS全般 」一覧

ArcGIS Developer セッション 2017 開催レポート

今年も 5 月に開催された GISコミュニティフォーラムで開発者向けのセッションを行いました。このレポートでは、当日の様子や熱く語られた内容についてお伝えしていきます。

 

今年の ArcGIS Developer セッションは「ArcGIS Developer セッション ~あなたも GeoDev コミュニティと一緒に成長しよう!~」というテーマで、開発者コミュニティを意識した ESRIジャパンの活動や、支援したハッカソンで生まれた優秀作品の優勝チーム代表の方に登壇していただきました。さらにこのセッションでは全 100 分にものぼるロング セッションのため、途中の休憩時間では “ブレイク デモ” と称して GIS を駆使したゲームを通じて参加者の皆さんとゲームを楽しみました!

当日のタイム スケジュールや発表資料は GitHub にもありますのでぜひ合わせてご覧ください。

続きを読む



ご存知ですか?Landsat 8 の閲覧、分析、保存ができる Web アプリ「Landsat Explorer」

Landsat Explorer という新しい Web アプリケーションを使って、衛星画像でさまざまな地域を探索してみませんか?

Landsat Explorer は、500,000 以上の Landsat 8 と GLS(Global Land Survey)シーンを分析し、毎日 500 以上の新しいシーンが追加されます。このアプリを使用することで、データのダウンロードや加工の手間なく衛星画像データを閲覧、分析、保存することができます。アプリは誰でも無料で利用することができますので、ぜひお試しください。

Landsat Explorer
※画像をクリックするとアプリが起動します。

続きを読む


第13回 GISコミュニティフォーラム 教育 GIS セッション ~地域の力を最大限に!~

GCF

今年で第 13 回を迎える GISコミュニティフォーラムの開催(5月17日(水)、5月18日(木))が迫ってきました。今回もユーザー様の事例発表や各分野・テーマにおけるソリューション セッションなど多数のプログラムを用意して皆様のご来場をお待ちしております。

今回は、5月18日(木)16:00 – 17:30 に開催される教育 GIS セッションについてご紹介します。

続きを読む


読んで分かる!見て楽しい!「The ArcGIS Imagery Book(日本語版)」で画像やリモート センシングを学ぼう!

GIS と画像、リモート センシング、3D、ビッグデータなど、画像に関する ArcGIS の重要なトピックや最新情報を広く学ぶことができる「The ArcGIS Imagery Book(日本語版)」が公開されました。
画像処理や衛星画像の視覚化、効果的な解析方法、技術的な解説、GIS と画像の未来など、GIS での画像解析をこれから学びたいと考えている方から、さらに高度な技術を会得しようと考えている方まで、幅広く楽しめる内容です。
各章には、データを実際に見て触って学習することができるように Learn ArcGIS の各レッスンのリンクや、Web マップのリンクが掲載されていますので、よりスムーズに学ぶことができます。日本語版は Web 版と PDF 版が提供されており、PDF 版は Web ページからダウンロードできます(約120 MB)。

画像解析やリモート センシングに興味のある方はぜひご覧ください。多くの美しい衛星画像や写真をみているだけでも楽しめると思いますよ~。

各章の簡単な内容を紹介します。

続きを読む


今年もやります!データ ビジュアライズ ワークショップ ~クラウド GIS で気軽に地図を作ろう!~

※記事の内容を一部修正しました(4 月 20 日)
 ■変更内容:お申し込み方法が変わりました

今年も 5 月に開催される GISコミュニティフォーラムで、昨年好評をいただいたハンズオン セッション「データ ビジュアライズ ワークショップ」を実施することが決定しました!!

昨年は申し込み開始後すぐに満員になったセッションですので、参加を希望される方はぜひお早目にお申し込みください!

GISコミュニティフォーラム

続きを読む


授業で使える GIS とは?-高校での地理科目必修化に向けて-

学校で学ぶ地理というとどのようなイメージを持つでしょうか。

たとえば国名を覚えたり、気候区分を覚えたりと暗記科目であるという印象が強い方もいらっしゃるかと思います。今回は、ESRIジャパンが考える 授業でのGISの取り入れ方を紹介いたします。

続きを読む


GIS がオフィスソフトのようにいつでも使える環境へ – 横浜市保土ケ谷区の取り組み

2015 年度に自治体ソリューション ライセンスを導入した横浜市保土ケ谷区の事例を紹介します。横浜市保土ケ谷区では、職員が日常業務の中で GIS をオフィスツールにようにいつでも利用できる環境の実現に向けて、GIS 利用の環境整備と人材育成に取り組んでいます。また、区内所在の横浜国立大学などと連携し、GIS で区内の買い物店舗アクセス圏、交通機関のアクセス圏、高齢化率などの地図を作成し、地域や関係機関とのコミュニケーションにおけるメディア/ツールとしての活用にも取り組んでいます。

1

続きを読む


ArcGIS Earth 1.2 が米国でリリースされました!

無料の GIS ビューアー「ArcGIS Earth 1.2」が米国でリリースされました。
ArcGIS Earth 1.2 では、インポートしたテキスト ファイル(*.csv、*.txt)やマップに描画したエレメント(ポイント、ライン、ポリゴン)の KMZ(*.kmz)へのエクスポート機能が追加されました!

Image1

続きを読む


GIS の魅力がつまった『The ArcGIS Book』

The ArcGIS Book – 地理情報を活用するための 10 個の素晴らしいアイデア

01

米国 Esri では ArcGIS の基礎から活用までを紹介する『The ArcGIS Book』を公開しています。10 章で構成されるこのコンテンツでは、GIS を使ってより効果的に表現するための技術的なトレンドなどを紹介しています。GIS をこれから学びたい人から、GIS でもっと新しく効果的な表現や活用例を求めている人まで、GIS に関わるすべての方々にお役にたてる内容になっています。

 

続きを読む